滋賀県守山市でリフォーム・改装なら「ピュアホーム」

077-596-5421
7:00~18:00

新着情報

サイディングは種類によって寿命が異なる?!

サイディングには木材・金属など様々な素材が使用されています。

木材と金属では素材が全く違うので、もちろんメンテナンスのポイントも異なります。

また、サイディングの種類によって寿命が異なるんです(; ・`д・´)!!

今回はサイディングの種類と寿命について紹介したいと思います。

1.窯業系サイディング

一番スタンダードで寿命も長いサイディングになります。

30~40年ほど使用できると言われていますが塗装・コーティング・シーリングなどが劣化してしまうので、再塗装やシーリングの打ち替えを行います。

小さなヒビ割れに関してはパテ埋め補修を行います。

メンテナンス周期は7~10年です。

2.木質系サイディング

木質系サイディングは紫外線や湿気によって、木材同士の接合部などが反ってしまうことがあります。

この場合、部分的に張り替えが必要になってきます。

また、日の当たり方によって劣化の進行具合が違うので厳しい環境にある木質系サイディングはメンテナンス周期を早めて、劣化してしまう前に再塗装を行います。

メンテナンス周期は10年程度。

3.金属系サイディング

金属系サイディングはヒビ割れすることはありません。

そのため気を付けるポイントは、窓などとの接合部にあるシーリング材と塗装剥がれによるサビになります。

サビを防ぐためにメンテナンスとは別に年1~4回ほどのクリーニングが必要になります。

メンテナンス周期10~15年です。

4.樹脂系サイディング

樹脂系サイディングは塗装が必要ないのでメンテナンスによる再塗装は不要です。

また、接合部にシーリング材も使用していないので正しく施工されていれば寿命とされる30年近くはメンテナンスをしなくても大丈夫でしょう。

ただ、汚れの付着はあるので定期的に水洗いをして汚れを落としましょう。

メンテナンス周期は10~20年程度。

メンテナンスが楽だという理由で、外壁をサイディングにされた方も多くいらっしゃるでしょう。

しかしサイディングよりもシーリング部が劣化してしまうので、どのようなサイディングでもメンテナンスが必要だということを覚えておきましょう!!

寿命を延ばすためにはメンテナンス以外にも日頃の手入れが重要になります。

メンテナンスフリーを期待していた方も、メンテナンスと手入れをしっかりと行い雨や紫外線から住まいを守るように心がけましょう(*´ω`*)

ピュアホームではお客様の目線・立場で納得いくまで説明と提案をさせていただきます。住まいのことでお悩みを抱えている方はいつでもご相談ください。

お問い合わせはここをクリックしてください。


 | 記事一覧 |